会社案内

SEAVAC (USA), L.L.C.

代表取締役社長

清水 博之

設立

2005年11月

資本金

米国ドル300,000.00

事業内容

PVDハードコーティング

住所

9304 Yeager Lane, Fort Wayne, Indiana 46809 USA

お問い合わせ

電話番号:      +1 260-747-7123
FAX:             +1 260-747-7124
電子メール:  Contactus@seavacusa.com

SEAVAC(USA), L.L.C.

日本本社

本社

清水電設工業株式会社
(http://www.seavac.co.jp/)

代表取締役社長

清水 博之

取締役

木下 安正
後藤 守

設立

1949年

資本金

日本円6,300万円

事業内容

熱処理装置(雰囲気または真空)
CVDハードコーティング、PVDハードコーティング

住所

本社工場

〒660-0822

兵庫県尼崎市杭瀬南新町1丁目12番6号

総務

Tel: +81-6-6488-1501 / Fax:+81-6-6488-2476

加工

Tel: +81-6-6488-1505 / Fax:+81-6-6488-5777

京都第二工場

〒613-0022

京都府久世郡久御山町市田新珠城68番地

加工部門

Tel: +81-774-43-4290 / Fax: +81-774-44-6607

薄膜装置部門

Tel: +81-774-41-2421 / Fax: +81-774-44-3705

小牧工場

〒485-0034

愛知県小牧市市之久田2丁目38番地
Tel: +81-568-75-3001 / Fax: +81-568-75-3205

仙台工場

〒981-3602

宮城県黒川郡大衡村大衡字萱刈場236-5
Tel: +81-22-344-1077 / Fax: +81-22-344-1088

九州工場

〒811-3122

福岡県古賀市薦野1531-1 有限会社賀川熱処理 内
Tel: +81-92-410-8277 / Fax: +81-92-410-8267

加入団体

  • 尼崎商工会議所会員
  • 日本工業炉協会会員
  • 西部金属熱処理工業協同組合会員

会社沿革

1949 清水春義により清水電設工業所を設立。
1953 法人組織に改め、清水電設工業株式会社とする。
1953 軽合金熱処理が防衛庁の検定に合格。
メッシュベルト式連続熱処理装置の独自開発。
1975 真空炉を設置。
1981 米国SCI社とCVD表面硬化処理装置で技術提携。
1982 CVD表面硬化装置を設置し、一般向け事業を開始。
1984 (株)神戸製鋼所と低温CVD装置を共同開発。
1987 米国VFS社と真空炉のアジア向け販売代理店契約締結。
1988 社団法人発明協会より「真空熱処理炉」の発明奨励賞を受賞。
1993 米国ダラスに現地法人 JSK Hi-Tech Inc.設立。
1995 小牧工場設立。
1999 阪神モノづくりリーディングカンパニーの認証を受ける。
2000 ISO9001取得。
2002 DLC(ダイヤモンドライクカーボン)装置の開発。
2005 SEAVAC(USA), L.L.C.を米国インディアナ州フォートウェイン市に設立。
SEAVAC (USA)のコーティングが選ばれる理由。

多くの顧客が我々を選び、同様に、あなたも選択すべきなのは、そうせざるえないいくつかの理由があるからです。

SEAVAC (USA)のコーティングが選ばれる理由。


当社のコーティング工程は全て自社内で行います。
つまりお客様にとってリードタイムの短縮を意味します。

SEAVAC (USA)のコーティングが選ばれる理由。


当社の熟練のスタッフが、
お客様のコーティングにおけるご要望にお応えします。

SEAVAC (USA)のコーティングが選ばれる理由。


お客様に高品質の商品を、短納期で、魅力的な価格で提供し、お客様の要望に完璧にお応えするように努めています。

SEAVAC (USA)のコーティングが選ばれる理由。


日本で57年培った経験を
アメリカ市場にもお届けします。